1.海に入ってない間にもサーフィンを上達させる

サーフィンの上達って他のスポーツに比べると難易度が少し高いです。

休みの日に必ず波があるとは限らないし、

ボーリングみたいに毎回同じ環境で練習できるわけでもない

やっといい波にありつけたと思ったら上手な人に乗っていかれちゃう…

こんなことを繰り返しているうちにいつの間にか月日だけが経っていっちゃうんですよね

もしあなたが海に入ってない間にもサーフィンが上達できるとしたらどうですか?

これは単なるスケートボードによる陸トレとか、筋トレの話ではないです

サーフィンに必要な体の機能を獲得して、無意識にあなたのサーフィンの動きがアップデートされるためのものです

2023年のキノスラの開業からまだ大して時間は経っていませんが、多くのサーファーの方達がこのプログラムを実施していただき

そして全ての方がサーフィンの上達を実感していただきました

  • サーフィンを20年以上続けていて、リッピングのキレを増したい50代の男性
  • パドリングでいつも首が痛くなってなんとかしたいと来てくれた30代の女性
  • テイクオフで足が前に出ず何ヶ月も悩んでいる50代の女性
  • プロを目指している10代の少女

たくさんの方が来ていただき、そして効果を実感し、継続してくれています

ひたすら海に行って練習するだけだったらそんなに難しいことではないですよね

ボードを持って海に浮かべばいいですから

でも毎日、毎週上達するっていうのはなかなか難しいことだと思います

キノスラのプログラムでは実際それが可能になってる人が何人もいます

あんまり大袈裟に語るのも嫌なので付け加えておくと、レベルアップする幅は人それぞれ大小はあります

それはスタート地点や、僕のところに通う頻度などによっても様々です

ただ、継続的に通ってくれている方全員が今のところではありますが、自分のサーフィンの変化を実感してくれています

サーフィン上手くなりたいですよね

自分の思い通りに波に乗れたらどんなに気持ちいいでしょうか

カッコよくカットバックを決められたらきっと数日間はハッピーな気持ちで毎日を過ごせるはずです

いつしか新しいサーフィンの仲間もできるかもしれません

趣味もライフスタイルも合う仲間と一緒にサーフトリップに行ったりしてきっと今の生活とは全然違った日々に変わるでしょうね

そんなふうに楽しく毎日を送ったらきっといつまでも若々しくいられるんだと思います

サーフィンが上手くなれば、もしかしたらそれを仕事にすることもできるかもしれません

誰かに教えたり、YouTubeでコーチング動画を出したりして、サーフィン専門のコーチやトレーナーになる道もあるかもしれません

いつかあなたはサーフショップのオーナーになってるかもしれませんね

そんなふうに考えてみるとサーフィンが上手くなるということは人生が変わるということかもしれません

僕のところに来てくれてるサーファーの方達は少なからずその一歩を踏み出してくれています

こういう結果が出せるようになったのも僕自身10年以上スポーツのトレーナーを続けて来たからでもあります

サーフィンだけでなく、野球、スノーボード、スキー、アメフト、テニス、マラソン、水泳などなどたくさんのアスリートの方達に関わらせていただきました

その中で培った知識や経験がようやく皆さんをサポートできるまでになったという感じでしょうか

こうやってお客様と接していて常々思うことがあります

サーフィンのコーチの方みたいにサーフィンのスキルやテクニカルなことは僕には教えられません

でもサーフィンのコーチが教えられない、根本的な「体の使い方」は教えることができます

むしろ多くの方がこの「体の使い方」がわかっていないせいで苦労しています

例えば、一番多いのがテイクオフの悩みです

サーフィンスクールの先生って皆さんサーフィンが上手な方がやっていますからテイクオフの動作でつまずいた経験なんてないんですよね

それこそ感覚としては「床から立ち上がる」のと一緒なんですよ

だから指導も

・立つタイミング

・立つ時の足のつき方

くらいしか教えてくれません

でもテイクオフで悩んでる人って、「立つ動作」そのものができなくてテイクオフを失敗していることがほとんどなんです

足が引き込めない、正座になってしまう、膝が外を向いてしまう、目線が上がらない、焦ってしまう…

そういうことって根本的な「体の使い方」が大きく関わっていて、それを改善するノウハウってコーチの方は知らないんですよね

これコーチが悪いって言ってるんじゃなくて、専門が違うってだけです

料理研究家の方にトマトを美味しく栽培するノウハウが必要ないのと一緒です

僕はトレーナーっていう体の専門家です

スポーツのパフォーマンスを上げるにはどんな体の使い方をするべきで、どうすればその使い方ができるようになるかっていうのをずーっと勉強してる男です

だから筋肉や骨の名前は全部頭に入ってるし、関節がどう動くかとか、サーフィンに必要な能力はどんなことかっていうのがわかっています

そして必要な能力を獲得したり伸ばすためにはどういう運動をすればいいかっていうのも3ケタ以上はプランが頭に浮かびます

ちょっと長くなっちゃったので続きはまた今度。