はじめてアナトミー#6「3分でわかる運動面」

今日は「運動面」について勉強していくぞ!

うんどうめん?聞いたことない言葉が出てきたな

これを知っていると、体の動きを理解したり、体の動きを組み立てる時にとっても役に立つよ!

運動面とは何か?

動作を理解するのって大変だと思うんだ。ボールを投げる動作で体がどう動いているか、言葉で説明できるかい?

うーん。胸を開いて腕を後ろに引いて、それから肩が回って手首が上がってきて…ああ、ややこしい!

そういった説明を簡単にしてくれるのが運動面という表し方なんだよ。運動面がわかってると、

  • 複雑な動作をシンプルに考える事ができる
  • 集団でのトレーニングやヨガなど動作を大勢に伝えるのにシンプルに伝える事ができる
  • 動作を分類するのに役立つ

ということができるぞ。

そんなのがあるなら先に教えてくれよ。イジワル。

3次元世界に生きる我々は運動面も3つに分けられるぞ。それが、

  • 矢状面(しじょうめん)
  • 前額面(ぜんがくめん)
  • 水平面(すいへいめん)

この3つだ。まずは矢状面の説明をしていこう。

フムフム。

矢状面とは

矢状面は体を左右に分ける面のこと。体を前から透明のガラスが貫いている状態を想像してごらん。そのガラスの表面を撫でるように動く動作が矢状面上の動作というわけだ。

運動器の解剖と機能 P.6より

なんだかよくわからないな。

具体的にいうと、兵隊さんの行進を想像してごらん。腕も足もまっすぐ前に出すよね?それが矢状面上の動作だ。

なるほど、確かにガラスを撫でるようにまっすぐ上がってるや。

矢状面上の動作はこんなのがあるよ

  • 足を後ろに蹴る
  • うなずく
  • 上を見る
  • おじぎをする

前額面とは

次は前額面だ。これは体を前後に分ける面の事だよ。体を横から透明のガラスを貫いているように想像してごらん。

運動器の解剖と機能 P.6より

スターウォーズに出てくる捕まったハンソロみたいだな。

前額面の動きは遠くの誰かに向かって大きく手を振る動きがわかりやすいね。


前額面上の動作はこんなのがあるよ

  • 足を横に開く
  • 首をかしげる
  • 窓を拭く
  • うんちょこちょこちょこぴー

水平面とは

最後は水平面だ。これは体を上下に分割する面だよ。ガラスを横にして体を貫くイメージだ。

運動器の解剖と機能 P.6より

イリュージョンでこういうのよくあるよね。

代表的な動作は”ツッコミ”だね。

もうちょっといい例えなかったんかい!!(バシッ)

水平面上の動作はこんなのがあるよ

  • ふりむく
  • 机をふく
  • うちわであおぐ
  • アイーン

運動面を使って説明しよう!

ボールを投げる動作は主にどの面を使ってるかわかるかな?

腕は体の後ろから前に動いているから、矢状面かな?

その通り!一方で胴体は地面と水平に回転するように動いているから、胴体に関しては水平面の動きだね。

体のパーツごとに分けて考えるとわかりやすいんだね!

また、スポーツの動作で鍛えたい動作がある時、どの面で動いてるか考えてみると、実施するトレーニングもどの面で行われるトレーニングを取り入れるべきかわかるよね!

他にも、トレーニングやヨガのプログラムを組むときに運動面で考えると全ての面を取り入れた動作を並べるようにするといった視点が生まれるから偏りの少ないプログラムが組めるんだ!

今日のまとめ

運動面

  • 矢状面…体を左右に分ける面
  • 前額面…体を前後に分ける面
  • 水平面…体を上下に分ける面

コメント