トレーニングのために柔軟性を獲得する

皆さんこんにちは、今日はこんな疑問にお答えしたいと思います。

柔軟性が大事っていうけど、僕がやっているマラソンでは足もそんなに開かないし、正直そこまで柔軟性が必要だとは思わないな

スポーツに柔軟性ってホントに必要?

「体は柔らかい方がいいよ」、とか「柔軟性を手に入れよう」ということはよく耳にしますよね。ですがそこまでその重要性を感じていない方も多いのではないでしょうか。

マラソンの例で言うと、長距離のランでは短距離と違ってそこまで股関節をダイナミックに動かすことはありません。だから柔軟性がなくても走れてしまいます。なんだったらマラソンのランナーは体が硬い人がかなり多いです。

ですが僕はスポーツをやっているのならやはり筋肉の柔軟性は備えていた方がいいと思っています。理由はいくつかあるのですが、その中でも今日は

「トレーニングをしっかりやるために、柔軟性を獲得しよう!」

という切り口でお話ししたいと思います。

スポーツのパフォーマンスを向上させたいのなら、ウエイトトレーニングをはじめとする補助トレーニングはやった方がいいというのは常日頃から僕が発信していることです。ほとんどのスポーツにおいてトレーニングによって筋出力を向上させたり、瞬間的な力発揮の仕方を覚えることは少なからず有益な影響を与えてくれます。

そしてそのトレーニングを最大限効率の良いものにしようとすると、どうしたって柔軟性は大事になってくるのです。その理由を詳しく説明していきます。

トレーニングには柔軟性はホントに大事

ウエイトトレーニングには「フルストレッチ・フルコントラクション」という原則があります。

これはトレーニング時、重りを下ろす局面で筋肉が伸びきるくらい(フルストレッチ)関節を動かし、重りを上げる局面で筋肉が収縮しきるくらい(フルコントラクション)きちっと上げるべきということを示しています。これを守ることで筋肉はフルに使われ、トレーニング効率が高くなると言われています。

一方で筋肉の柔軟性が低いとどうしてもその動きは小さくなってしまいます。筋肉の硬さに引っ張られるせいで関節はダイナミックに動くことができなくなってしまうのです。

例えば、スクワットというトレーニングがありますが、これはももの裏の筋肉の柔軟性がないと腰が丸まってしまったり、お尻をしっかりと下まで下げることができません。

これでは前述したように筋肉をめいっぱい使う事ができなくなってしまう上に、適切なトレーニングフォームを維持できなくなってしまいます。そうなるとトレーニングの効果は薄れてしまい、最悪の場合怪我のリスクも生じてしまいます。

もも裏の柔軟性があれば腰をまっすぐかやや反った状態に保つことができ、腰に無理な負担をかけることなく、かつ股関節を目一杯動かすことができます。当然こちらの方がトレーニングの効果は高くなります。

だけどトレーニングってスポーツのために補助的にやっているものでしょ。それのために時間をかけて柔軟性を獲得しなきゃいけないの?

確かにおっしゃる通り、プラスαでやっているに過ぎないトレーニングのためにわざわざ柔軟性を高めるための策を講じるとしたらなにか時間がもったいなく感じてしまいますよね。

ですがそれは違います!理由は2つ。

  1. 効率が悪いままトレーニングしていてもそれこそ時間のムダ
  2. トレーニングを「フルストレッチ・フルコントラクション」してれば柔軟性は上がる

どうせ時間かけてトレーニングするならしっかりと効果を出したいのは当然です。しかし前述した通り体が硬いままトレーニングしていても上手にトレーニングフォームを取れないばかりか効率も落ちてしまいます。

スポーツのパフォーマンスを向上させるのにトレーニングが有効であるという概念を疑わないのであれば、筋肉の柔軟性を獲得した上でトレーニングを行っていただいた方がいい結果につながるはずです。

また、柔軟性を獲得するのにはストレッチももちろん有効なのですが、トレーニングを行うことによっても柔軟性は向上する事がわかっています。むしろすべての可動域で力を発揮するためにはトレーニングで柔軟性を向上させていった方が効率もいいと言えます。

トレーニングをなるべく関節の動きをめいっぱい使いつつしっかりと筋肉を伸ばして行う事で徐々に筋肉はのばされていきます。ですからあえてストレッチの時間を別に設定しなくとも、トレーニングの中で柔軟性を獲得することは十分可能なのです。

その証拠に、以前見させていただいたお客様で、ストレッチを頑張っていたのにいまだかつて膝を伸ばしたまま床に手をつけた事がない、とおっしゃっていた方がいました。その方をしっかり可動域めいっぱい使うトレーニングを行ったところ、あっさり3回目のトレーニングで床に手がつくようになった事があります。

もしあなたも柔軟性で悩んでいるのであればトレーニングに挑戦してみてはどうでしょう。

まとめ

スポーツの動作に仮に柔軟性が必要でなかったとしても、トレーニングには必要な場合は多々あるため、やはり柔軟性は獲得しておいた方がいいと言えます。

それが結果的にあなたのスポーツのパフォーマンスを向上させることにつながるのは間違いないはずです。明日からのトレーニングで、「フルストレッチ・フルコントラクション」ぜひ意識してやってみてくださいね。

コメント