情報について思うこと

みなさんこんにちは、藤倉です。最近はyoutubeやブログなどでたくさんのトレーニングに関する情報があふれていますね。氾濫する情報の中、みなさんは知りたい情報を手に入れられていますか?正しい情報が何か選択できていますか?

phone

僕がトレーニングに興味を持ち出したのは高校生の頃。もともと痩せ体質でなかなか体重が増えず、トレーニングも腕立て伏せとか自重のスクワットしか知りませんでした。僕がやっていた競技でもっと強くなるためには筋肉をつけてパワーを上げて、体も大きくしなければ、という思いはあったのですが競技練習だけではなかなか思うように筋力や体重は上がりませんでした。

なんとか改善しようとトレーニングについてネット検索したりしたのですが、その頃はまだトレーニングの情報は少なく、高校生の僕が必要とする情報は手に入りませんでした。そこで読書少年でもあった僕は書店に出かけ、色々立ち読みをした挙句、こんな本を手に取りました。

使える筋肉

この本は最近はテレビでもよくお見かけする谷本さんが書いていて監修は石井先生がされている本です。トレーニングに関してとてもわかりやすく、かつ詳しく書かれていて、当時僕が知りたかった情報の多くが網羅されていました。

その後もお二人の書籍を見つけてはよく読んでいました。実際に知識をつけた僕の体が大きくなって試合で勝てるようになったかどうかは別として(笑)、この経験がのちに僕をスポーツトレーナーの道に進ませました。

昨今のフィットネスブームで

数年前にライザップが大々的にテレビコマーシャルを行いとても話題になったのをきっかけに、「パーソナルトレーニング」という言葉が世の中に一気に広まりました。

さらにベストボディコンテストなど、ボディビルコンテストよりもライトな大会が台頭してきたことにより、ボディメイクというジャンルが脚光を浴びるようになりました。

芸能人やモデルの方がトレーニングを行うようになり、それがテレビや雑誌で紹介されると、多くの人たちがトレーニングに関して興味を持つようになりました。

今ではトレーニングをネットで検索すると僕が高校生の頃検索した時とは比べ物にならないくらいたくさんの記事がヒットします。当時に比べてyoutubeSNSなどのサービスや、個人ブログなども多く存在しているので特に情報量は雲泥の差があるかと思われます。

困難になった情報の選択

トレーニングの情報を多くの方が欲するようになったおかげで爆発的に発信される量は増えました。出版される書籍、配信されるyoutube動画、毎日日を追うごとに情報は激増していきます。

中にはちょっと首を傾げたくなる情報も少なからず存在しています。僕もトレーナーになるために勉強を積んできましたので、一般の方よりも体やトレーニングに関して詳しいという自負はあります。

その積み上げた知識をもとに巷に溢れる情報を見ても「なんかわけわかんないこと言ってんなぁ」と思ってしまうことも多々あります。正直言って僕は困りません。ちゃんとした知識の土台があり、どこで情報を仕入れれば正確性の高いものが手に入るか知っているからです。

ただ、高校生の頃の僕のように何もわからないけれどトレーニングをして自分の競技に役立てたいと思っている人はどうすればいいでしょうか。

間違った情報でトレーニングを繰り返し、パフォーマンスが向上しないばかりか、怪我をしてしまったらこんなに辛いことはありません。

今や星の数ほどもあるネットや書籍の中から自分が欲する正しい情報を手に入れることはとても難しくなってしまったように感じます。

情報を発信する側として

今現在僕はこのブログの他に、twitterinstagramを通して情報発信を行っております。発信者としてはまだまだ経験不足で試行錯誤の最中です。

ただ少しでも高校生の頃の僕のような、もっとスポーツが上手くなりたい、強くなりたい。という方たちのお手伝いができるように「正しい」情報を提供できたらと思っています。

特に10代の部活やスポーツを頑張っている子達は、今のこの期間をどう過ごすかでのちの人生が大きく変わる事だってあり得ます。貴重なこの時期を情報に踊らされて無駄にしてほしくありません。テレビなどの情報を鵜呑みにすることなく、出来るだけ正確性の高い情報を吸収していってほしいと思います。

おそらくこの長い文章は多くの10代に届くことはないと思います(笑)。読んでくれるのは僕のような読書少年くらいでしょう。けど一人でも僕の発信する情報で怪我なくスポーツを楽しんでもらえるようになったらと思います。

コメント