人間の身体を車に例えてみよう!

car man

みなさんこんにちは!藤倉です。

昔からよく、人間の身体を車に例えて話すのですが、これが結構わかりやすいので今日はそれをご紹介したいと思います!

人間の身体を車に例える

・エンジン ー 筋肉

まず、車の最も大事な部分動力の源であるエンジンですが、これは車を動かすために働く機構として、人間の身体でいうと、筋肉にあたります。人間の身体も筋肉がないと動きませんよね?

・外装、シャーシ ー 骨格、筋肉

車の外装と車の中身をのせるシャーシ部分はというと、人間の骨格と、筋肉、皮膚。骨格が人間の中身、すなわち内臓やその他全てを支え、周りを筋肉と皮膚が覆っています。筋肉は動力源でもあり体を支える役割も果たしているんですね。

・タイヤ ー 足

これは普通ですね。地面と接する部分として足が挙げられます。

・サスペンションーお腹あたりから下の筋肉・骨格

サスペンションは地面との接触の衝撃を和らげたり、車が動く際の衝撃を吸収する役割をしています。これを人間の体に当てはめると、立っているときに限定されますが、股関節を含む足の骨格と、その周囲の筋肉がその役割を担っています。

・ドライバー ー 脳

最後に車を動かす為に最も大事なドライバーですがこれは人間でいう脳ですね。きちんと制御された動きを再現するには脳が無いと始まりません。

他にも吸気系は肺だったり、血液はオイルだったり、意外にも人間の体を車で当てはめて考えると符合することは多いです。というわけで、これらは前置きで、ここからが本題です。人間の体を車に置き換えることで何がわかりやすくなるのか。それをこれから説明したいと思います。

身体を車に例えて疑問を解消する

人間の体を車に例えることでわかりやすくなる話の一例がこちらです。

「トレーニングによって筋肉をつけたらすぐにスポーツパフォーマンスが向上するのか」

このテーマは僕らの仕事の根っこの部分で、めちゃめちゃ大事なテーマです。せっかく頑張ってスポーツの成績を上げる為につらいトレーニングをしても、ただ筋肉がつくだけでパフォーマンスが変わらなかったら時間の無駄ですよね。

では、トレーニングして筋肉がついたらすぐにスポーツパフォーマンスが向上するか。

答えはNOです。

むしろパフォーマンスで言ったら低下することもあるかもしれません。なぜなら、筋肉がつくことによって発揮できるパワーが向上したら、今までできていたことができなくなることもあるからです。

わかりにくいですか?車にたとえて説明してみましょう。

engine

先ほど、筋肉は車でいう、エンジンであると例えました。筋肉が大きくなるということは、エンジンの排気量が増すということです。排気量が増すというのは馬力が上がるのと同義で、動き出しの加速が良くなったり、車が発揮できる最高速が上がったり、車の重量が上がっても楽々スピードが出せる、といった変化があります。

反対に、排気量が上がると、スピードは出せますが、燃費が悪くなったり、強い力が出せる分、車の各パーツをそれに耐えられるように強いものに変えなくてはならなくなります。

これらと同様のことが人間の体でも起きます。

筋肉が大きくなった分、ラケットが軽く感じたり、今までより速く走れるようになったり、ゴルフのドライバーのヘッドスピードが速くなったり。一見いいことづくめに思えますが、よく考えてみてください。

ラケットが軽く感じるせいで打とうと思っていた高さよりも上で打ってしまったり、今までより速く走れるようになったけど、方向転換や止まるのが以前よりもパワーを要するようになったり、ドライバーのヘッドスピードが上がったせいで、タイミングが狂ってしまったり、そういうことが起こり得るのです。

再び車で言い換えるなら、今まで公道を走る普通の乗用車に乗っていた人がいきなりF1レースカーに乗せられるようなものです。今までと同じ感覚でアクセルを踏んだら全く違うスピードを体感することになります。そんなの上手く運転できるわけないですよね。

では、どうすれば乗用車に乗っていた人がF1レースカーを乗りこなせるようになるのか、どうすれば強くした筋肉をスポーツに生かすことができるのか。

簡単です。スポーツの練習をすればいいんです。先ほど、車でいうドライバーは、人間でいう脳だという話をしました。スポーツの練習をして脳と筋肉の結びつきを再構築して、現在発揮できる筋力に合わせた運動パターンを作り上げていけばいいのです。

そうすれば、軽く感じるようになったラケットを意のままに操ることができ、速いスピードで走って尚、方向転換やストップ動作が俊敏にできるようになり、ドライバーのヘッドスピードが上がった状態でボールを遠くに飛ばすタイミングが身につくのです。

トレーニングをしたらすぐに結果に結びつく人もいるかもしれませんが、そうではない人も多いかと思います。せっかく頑張ってトレーニングしたのにむしろ成績が下がってしまった。そういう人には今挙げたような現象が起きていたかもしれません。

馬力が上がった自らの身体を上手にコントロールするためのプロセスが足りなかった可能性があります。

まとめ

一見難しい物事も何かに例えて整理してみるとわかりやすくなることもあるのがわかったかと思います。

皆さんもスポーツやトレーニングのことで理解しづらい事があったら何か他のものに置き換えて考えてみてください。すぐに解決できるかもしれませんよ。

コメント

  1. […] […]